ホワイトバランス

室内の照明の光と太陽光は、色温度が違います。 人間の目は、色温度を補正する機能が備わってしますが、カメラの場合は設定で補正をしなければいけません。 スマホのカメラで撮影した時に、全体的に黄色っぽくなったという経験がある人も多いのではないでしょうか?  これは「色被り という現象で、ホワイトバランスが適正ではないという状態です。 色被りを防ぐためには、ホワイトバランスをしっかりと設定することが大きなポイントになります。 基本的には、屋内の撮影でも、屋外の撮影でも、オートのままで大丈夫です。 しかし、窓際など外の光と室内の光が混ざり合った場所の場合は、ホワイトバランスを設定することでよりクオリティの高い動画が完成します。 ホワイトバランスには、外光や蛍光灯、太陽光などがあるので、状況に合ったホワイトバランスを選ぶようにしましょう。

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP