解像度

てのひら映画の解像度はとても重要なポイントになります。 YouTubeなどに動画をアップロードする場合は、リサイズ(動画のサイズを小さくすること)されるため、VGA(640×480ドット)の解像度でも問題ありませんが、てのひら映画に応募される作品はより高い解像度で撮影するように心がけてください。 ネットで公開する時もそうですが、映画祭最終日にはスクリーン上映もおこないますので画質が重要になります。 フルHD(1920×1080ドット)や4Kでの撮影が良いでしょう。 ただし、フルHDや4Kでの撮影は、データの量がとても大きくなりますので、保存容量を常に確認しておくことが大切です。  また、スマホのバッテリーにも十分な備えが必要です。 (解像度が高いとデータの処理時間が掛かりますので制作スケジュールは余裕をもって行ってください)

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP