フレームの選択

てのひら映画祭では、横長スクリーンを基本にしています。 その為、スマホで撮影する時のカメラの向きは横向にするように心がけてください。

縦向きで撮影すると、スクリーン上映やパソコン、テレビで再生した時に映像が小さく表現されてしまいます。 スマホやタブレットなど縦長のディスプレイのみで楽しむだけならば、縦の動画でも問題ありません。 演出効果として、意図的に縦画面を選択する場合は、しっかりした撮影プランに基づいて行ってください。

フレームは、地面と水平に保つことが大切です。 スマホでは、オートスタビライザー機能により、カメラの水平を保つことができます。 オートスタビライザー機能が付いていないスマホであれば、アプリがありますので組み込むといいです。 映画撮影においてオートスタビライザー機能が扱いにくいという方は、水準器を用意すると良いです。

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP